クロール 映画

クロール

Add: ekekel40 - Date: 2020-12-01 09:55:50 - Views: 8834 - Clicks: 1306
/20e46d6d0cc3/111 /149aa4bcf3f37 /94568 /7/f72661ac483ad

というワケで観ました!『クロール 凶暴領域』!! 鑑賞前からわりかし高めの期待値でもって臨んだ本作ですが、結論から言うと. 巨大ハリケーンによって水没した自宅の地下室で、ワニの群れに取り囲まれた父娘。果たして2人の運命は? 圧倒的なスリルと緊張感が見どころのサバイバルパニック。. とまでは評価できませんが、襲い来るワニに居場所がバレぬよう息を潜めたり、逆に恐怖で過呼吸になりそうになるなど息の演技が緊迫感アリアリで好きでしたね~! 彼女が演じたヘンリーという役についても“パニック映画で足手まといになりがちなティーン像”を真っ向から否定するような役どころに好感を持ちましたし、 最初こそ水泳特待生という肩書きの必要性について考えていましたが、作中ではそれを交えた小規模ながらも味のある父と娘の人間ドラマも展開されていてGood また序盤の水泳リレーをクロールで泳ぐヘンリーと、クライマックスで発煙筒を掲げる彼女の姿に見られた構図的な類似性. 「サメには飽きた!今度はワニだ!」という公式の謳い文句に負けず、ハリケーンというディザスター要素を加えつつも、真っ向からワニの恐怖を描き切ることに成功していたように思う本作。 ドラマパートに若干の弱さを感じるけど. 本作は別。 CGに使える予算がそれらの映画と何ケタ違うのかは分か. 文字数の都合がある。よってここから先は、上記の作品群を足掛かりに、ぜひとも皆様自らの手でワニ映画を開拓していって頂きたい。 ワニ映画はいつだって君を待っている。 文:知的風ハット クロール 映画 いま、映画館で観られるワニ映画『クロール ―凶暴領域―』は年10月11日(金)より公開 『クロール ―凶暴領域―』についてはこちら.

とは思いますが、日本のコミックの映画化にはヤバすぎる前例が多いので手放しの楽観主義ではいられませんねw ということで今回はここまで。本記事に対するご意見、ご感想はコメント欄によろしくおねがいします!ではでは。. これは僕の深読みかもしれないですが、 父親との関係を繋ぐことが出来ていなかった序盤のリレーでは成績不振だった彼女が(リレーでは繋ぐという要素も重要ですよね) 数々の苦難を父と共に乗り越え、その中で途切れていた親子の関係を繋ぐことが出来たラストでは良い結. ヘイリーは警察が残した銃を入手。襲撃してきたワニに弾切れするまで発砲すると、なんとか絶命させることに成功します。. ジャンル映画の本流に立ち返る「シリアスな恐怖」と、反逆するように引き立つ「親子の再生のドラマ」、それらを見事に成立させた「状況設定」――全てを備えた『クロール ―凶暴領域―』の“底”は、想像以上に深い。. See full list on banger. 大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう―。 【詳細】 『クロール ―凶暴領域―』 公開日:年10月11日(金) 監督:アレクサンドル・アジャ 製作:サム・ライミ 出演:カヤ・スコデラリオ、バリー・ペッパー.

」 また今度ね!. クロール -凶暴領域-()の映画情報。評価レビュー 639件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:カヤ・スコデラーリオ 他。ハリケーンの襲来でワニが入り込んだ家からの脱出劇を描くサバイバルスリラー。ホラーの巨匠サム・ライミが製作を務め、『ピラニア3D』などの. 新作映画の予告編を紹介するチャンネルです。ぜひチャンネル登録をお願いします♪→ なお『クロール 凶暴領域』の公開日は年10月11日!公開期間は1か月ぐらいかなぁ?お早めに観ることをお勧めします! クロール―凶暴領域―ってどんな映画?ホラー映画とヒーロー映画に意外な関係性? クロールはワニが出てくるパニックホラーです。. 米 1986年 85分 製作総指揮 チャールズ・バンド 監督 デヴィッド・シュモーラー 脚本 デヴィッド・シュモーラー 出演 クラウス・キンスキー タリア・バルサム. というもの。全体的に血の気の多い本作の登場人物は、誰も彼もアクが強いが、話のテンポの良さと適度にコミカルな掛け合いが、他のワニ映画なら“短所”として映るかもしれない強烈な個性を、上手く独自の“長所”に昇華している。 またワニのアニマトロニクスは、『ターミネーター』や『ジュラシック・パーク』で有名なSFXアーティスト、スタン・ウィンストンが手掛けているため迫力満点。総じて、ワニ映画に欲しいものがひと通り揃った逸品と言っていいだろう。なお『レイク・プラシッド』シリーズは割と打率が高いワニ映画群なので、興味のある方は本作からこのジャンルに入っていくのも一つの手である。. (C) Paramount Pictures Corporation. 『 クロール 凶暴領域 』は年10月11日に日本公開された87分のモンスター映画です。 クロール 映画 あらすじ 大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知る。.

少女とライオンの友情描く. 掲載画像の著作権は、各メーカー・映画会社・配給会社・tv局制作会社・プロダクションに帰属します。 不慣れなので、ゆる~くやります 掲示板. あれくらいでちょうどいいのかも。普段からB級アニマル・パニック映画に慣れ親しんでいる僕にとって、多幸感に包まれるご褒美映画となりました。 あ、ちなみにEDで流れていた曲はビル・ヘイリーの「See you later alligator」という曲で海外にはそんな言葉遊びもあるらしいのですが、この映画には曲中でも使われているお決まりのフレーズで返しましょう。 「After a while crocodile! 『クロール -凶暴領域-』アレクサンドル・アジャ監督の新作ホラー映画が始動 『ピラニア3D』()『クロール -凶暴領域-』()アレクサンドル・アジャ監督が、サーチライト・ピクチャーズ製作のホラー映画『Elijah(原題)』を手掛けることがわかった。.

. カヤ・スコデラリオ, バリー・ペッパー, モーフィッド・クラーク, アレクサンドル・アジャ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。. ワニから逃げる過程で骨折したというデイブは、足を治療しようとするヘイリーに対し自分を置いてでも逃げるよう提案。しかしヘイリーは置いていくつもりはない様子です。 クロール 映画 ヘイリーはそれから落とした携帯を探索。見つけた携帯に手を伸ばしていたところ別のワニが現れて襲われました。 ワニに対抗するヘイリーは噛まれたもののなんとか危機を脱出。デイブと共に再度隠れられる場所に入ります。 二人は怪我をなんとか治療しようと奮闘していました。. 監督、製作:アレクサンドル・アジャ ・18歳の時に映画監督デビューしたのち、『ピラニア3D』()、『ルイの9番目の人生』()などの監督を務める。映画監督の両親を持ち、父親の監督作『流血の絆/野望篇』(1982)では端役での出演経験も。 製作:クレイグ・フローレス、サム・ライミ クロール 映画 製作総指揮:グレゴリー・ルバスール、ジャスティン・バーシュ/脚本:マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン/撮影:マキシム・アレクサンドル/編集:エリオット・グリーンバーグ. 水位が上がるととともに地下の居場所が少なくなるなかで、ヘイリーはなんとか現場を脱する方法を模索。そこにちょうどスタンとリーとマーヴという人物がいたため、明かりで合図して救助を求めました。 しかし最終的にはワニが現れ、3人を1人また1人と襲撃。ヘイリーの助かりたい心も折られます。. はい. · クロール 凶暴領域 劇場公開日 年10月11日. 逆に以前このブログでも紹介したイノシシ映画『ボア』のようにイチからハリボテを手作りするも、チープ過ぎて結果に結びついていないといった作品が多いのですが.

· 上映中【年10月11日 (金)公開】 『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミが製作を、『ピラニア3D』などのアレクサンドル・アジャが監督を務めるシチュエーションスリラー。�. 最後にもう1本、イロモノ路線から『ロボクロコ』(年)というワニ映画について触れておこう。 ストーリーは「生物の遺伝子を機械化する米軍の新兵器が、うっかりワニに直撃。結果としてロボクロコと化したワニは人類を襲う」. そして音信不通となっていた父親の安否確認のために、ワニ×ハリケーンの恐怖に苛まれることとなる主人公の水泳特待生ヘイリーを演じたカヤ・スコデラリオ。 彼女に対しては作品に彩りを加える. 避難勧告を受けてヘイリーはフロリダから離れようと車を運転していたものの、父親のデイブには未連絡。 そんななか道を進んでいくと、交通整理をしているベスの元恋人ウェインに遭遇します。 ウェインからどこに行くべきなのか案内を受けるヘイリー。それから父親のことが心配になったヘイリーは道を引き返し、デイブがいそうな場所に急ぎます。. といったところではないでしょうか?? そういえばアジャ監督。かつては寺沢武一の漫画『コブラ』の実写版製作を進めていたような.

A レイク・プラシッド』(1999年)だ。 ストーリーとしては、メイン州ブラック湖に突如現れた想像を絶する巨大ワニを巡って、地元の狩猟監査官や古生物学者が大立ち回りする. はい、ということで映画『クロール 凶暴領域』の評価を点数にして表すとしましょうか!うーん. という、良く言えば素朴で、悪く言えば稚拙な、英雄神話に似たワニ映画だ。しかし、本作は他愛ない昔話のような脚本に反して、捕食シーンは異様にグロテスク。妙にポンポン血と人間の手足が飛び散るので、苦手な方は絶対に避けるべきである。. クロール ー凶暴領域ーの映画情報。3318件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報、クロール ー凶暴領域ーの動画を配信している動画配信サービスの情報。. More クロール クロール 映画 映画 videos. クロール 裏切りの代償()の映画情報。評価レビュー 10件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジョージ. ワニ映画を語る上で、おそらく絶対に外せない一本と言えば、ロバート・フォスター主演の『アリゲーター』(1980年)だろう。 「ミズーリ州の下水道に捨てられた小さなワニの子供が、地下に流れ着く実験動物の死骸を食べて異常に成長。12年の歳月を経て巨大化すると、町の住人に牙を剥く」.

と思って調べてみたら、こんな記事を発見しました。 これだけのワニ映画を作れるなら、是非コブラ映画の方も進むと嬉しいなー. See full list on cinemarche. See full list on fashion-press. 「クロール ―凶暴領域―」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。クロール ―凶暴領域―の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。. 大学の水泳選手ヘイリー・ケラーはある日、練習を終えると、フロリダにカテゴリー5の巨大ハリケーンが上陸しているとの知らせを受ける。 ヘイリー・ケラーは父親に電話をかけるものの彼は電話に出なかった。その頃には地域一帯では非難勧告が出ていた。 しかしヘイリー・ケラーは検問を破って父親の住む家に向かった。彼はなぜかアパートではなく、以前家族が住んでいた家にいた。地下で怪我を負って意識を失っていたのだ。 まもなくハリケーンと大雨のせいで大量の水が地下にまで流れ込んできた。すると突然、そこに二匹のワニが現れ、二人に容赦なく襲いかかってくる。. All rights reserved.

大学生のヘイリー(カヤ・スコデラーリオ)は、父(バリー・ペッパー)に勧められたことが高じて、現在は競泳選手に。しかしさまざまなプレッシャーもあり、思ったようにタイムも伸びず思い悩んでしました。 そんな中、フロリダに巨大なハリケーンが発生したと警報が。母と離婚し一人で暮らしている父を心配し電話をするヘイリーでしたが、全く連絡が取れません。 父の身を案じたヘイリーは、警察の封鎖も振り切って、危険地域とされた町に父を探しに行くことに。そしてかつてみんなで暮らしていた実家の地下室で、大けがを負い気絶していた父を発見します。 慌てて父を連れ出そうと試みるヘイリーですが、浸水が始まった地下室の中で、突然巨大なワニに襲われ、右足を負傷することに。 大けがを負った父の搬送もままならない中、ワニの恐怖で絶望に暮れるヘイリー。果たして二人は、この未曾有の嵐とワニの群れから脱出することができるのでしょうか?地下室の浸水は留まることを知らず、その水かさを増していくのでした. 「ルイの9番目の人生」や「ピラニア3D」などで知られるアレクサンドル・アジャ監督による、密室動物ホラー。 よくあるサメ映画をワニに置き換えて、シチュエーションを家の中にしただけの話ですが、ワニ&密室の組み合わせがなかなかはまっていて、ハラハラドキドキの内容に仕上がっています。 これまでにもワニ映画はいくつか公開されています。しかしいずれもプロットは自然の中に巨大なワニが現れる設定だったと思います。 それに対してこの映画の場合、ワニが家の中で暴れる、という点においてかなり斬新ですね。 ストーリーは単純明快で、フロリダに住むお父さんと娘がハリケーンが上陸した際に家の中でワニに襲われる、ただそれだけです。 二人のバッググランドは両親が離婚していて、娘が水泳選手という以外なにもなく、逆にそれすらいらないんじゃないか、というぐらいストーリーを必要としない映画です。主要登場人物もたった二人だけ。 そんな中で上手い具合にワニがいる地下室や家の中から親子が閉じ込められる状況を作っていて、狭い室内にいながら爬虫類の動物に襲われるというシュールなシチュエーションを映像化していました。 「MEG ザ・モンスター」みたいなしょうもないサメ映画より個性とアイデアに富んでいるし、そこそこ楽しめましたね。特に風呂場でワニと格闘するシーンとか面白かったし。 上映時間が90以内に収まっていて、ワニから逃げるだけのサバイバル劇を簡潔にスピーディーに描いているのが功を奏したんだと思います。 「MEG ザ・モンスター」みたいなしょうもないサメ映画よりは個性とアイデアに富んでいるし、そこそこ楽しめましたね。頭を使いたくないときには最適。 一方でリアリティーがあるかと言われると、ワニがあんな狭いところにわざわざ入ってくるかなぁ、と思うシーンや、いくらなんでも賢すぎやしないか?といった行動のせいであまり現実味はないですね。あの地域だけでワニ何匹いるんだよって話だし。 ハラハラドキドキはするのに対し、そもそもワニってそんなに身近な動物じゃないので、日本人には特に恐ろしさがピンと来ない部分もありそうです。 逆にフロリダとかワニの生息地に住んでる人々にとっては想像を膨らませやすいだけあって何倍も恐怖を感じるのかもしれません。 ヒロインのヘイリーが水泳選手っていう設定は、わざとらしくて笑っちゃいました。タイトル通. 87分という、最近の映画としては短い上映時間の『クロール -凶暴領域-』。 しかし、巨大ワニが登場して以降は、手に汗握る緊迫の展開が続くため、理想的な映画の尺と言っても良いでしょう。 巨大ワニとのサバイバルを描いた本作は、撮影の際も、常に強風と豪雨の中で行われたため、過酷な状況となり、作り手側の緊張感が独特の迫力に変わり、作品を通じて伝わってきます。 鑑賞する際は、カヤ・スコデラーリオ演じた、娘ヘイリーを「もしも自分だったら」と置き換えた方が、さらに楽しめるはずです。 その分、観終わった後の疲労度は凄まじいことになることでしょう。. .

【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Crawl 【監督・製作】 アレクサンドル・アジャ 【製作】 クレイグ・フローレス、サム・ライミ 【脚本】 マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン 【キャスト】 カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー、モーフィッド・クラーク、ロス・アンダーソン、チョチョ 【作品概要】 ハリケーンにより、かつてない洪水に見舞われたフロリダを舞台に、巨大ワニとの命がけの戦いを描くサバイバル・スリラー。 主人公のヘイリーに、年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で、ヒロインとなるカリーナ・スミスを演じたカヤ・スコデラーリオ。 ヘイリーの父親デイブに、1998年の『プライベート・ライアン』で、ダニエル・ジャクソン二等兵を演じブレイクし、以降数々の作品に出演しているバリー・ペッパー。 また、『ドント・ブリーズ』のサム・ライミ製作のもと、『ヒルズ・ハブ・アイズ』のアレクサンドル・アジャ監督が演出を担当。. 全世界57か国で上映され、大ヒット. See full list on tadamonkugaiitakute. 有名どころのツートップを紹介したので、今度は少しマイナー指向の良作から。“B級映画の帝王”ロジャー・コーマンが製作総指揮を務めたワニ映画、『ディノクロコ』(年)だ。 「最先端技術によって怪獣化したワニ“ディノクロコ”が、地元の保安官や軍隊を相手に死闘を繰り広げる」. 1を記録し、世界中で話題となった『ドント・ブリーズ』のプロデューサー、サム・ライミが新たに仕掛ける究極のサバイバルスリラー作品。 舞台となるのは、最大級のハリケーンに見舞われたアメリカ・フロリダ。主人公・ヘイリーは、雨風によって家に閉じ込めた父を救出すべく実家に向かう。しかし、思い出が詰まった我が家は、サメを遥かに超える獰猛さで水陸で襲い掛かってくる“ワニ”巣窟と化していた。誰も助けに来ず、浸水のタイムリミットが迫る中、父と共に無事脱出できるのだろうか. デイブによると、ワニの動きを見切って自宅の外に出る唯一の方法は、廊下を通過してリビングに戻るというものとのこと。提案を受けて近くのハッチを開けようとするヘイリーですが、重りが邪魔で開けられません。 そうこうしているうちに、二人は自宅の外に人がいるのを発見。どうやら警察がボートを使って乗り残されている人がいないかチェックしている様子です。 警察の1人はヘイリーのいる場所に入ってきましたが、ワニに襲われて再起不能。もう1人の警察がボートで待機していましたが、身を乗り出した際に別のワニに食われていました。 結局助かるすべが見つからない二人。ヘイリーはもう助からないだろうと泣きつつ、両親の離婚が自分自身の水泳にあるのではと悲観します。 そんなヘイリーに対し、デイブは娘がわるくないことを説きつつ励ましの言葉を言いました。. ※この項は映画『クロール 凶暴領域』のあらすじを結末までネタバレしています。(所要時間:約1分半ほど) ※感想を読みに来たという方は以下のボタンを押してください⇒⇒⇒感想を読む 巨大ハリケーンの接近により、記録的な暴風雨に見舞われるフロリダの街。 その日、大学の水泳特待生ヘイリーは別居中の父デイブとの連絡が取れないことを姉ベスから伝えられ、彼の自宅へ安否確認に向かう。 しかし、そこにデイブの姿はなく、居たのは飼い犬のシュガーのみ。当の本人は一家が家族であった頃の自宅(現在は売り家)の地下室にて肩に大怪我を負い、意識を失っていた。 後に彼を発見したヘイリーはひとまず地上に運び出そうとするも、地下室には洪水を利用して入り込んでいたワニが跋扈。デイブの傷もこのワニによるものと判明する。 彼らの執拗な襲撃を受ける中、意識を取り戻したデイブの功で一旦は安全な場所への避難に成功する2人だが、地下室は大雨による浸水の影響で水位が上昇しつつあった。 抜け出そうにも階段付近にはもう1匹のワニがたむろしており、1階に続く別の出入口は重たい家具が邪魔をして通れない。 向かいの店舗に居た火事場泥棒や、付近を捜索しに来た避難誘導員のウェインもワニの餌食となり、救助も望めなかった。 かくなる上はただ1つ。ワニたちの侵入路である補助管を通って屋外に脱出するしかないのだった。 覚悟を決めるヘイリーに対し、デイブは父親としての責務を上手く果たせなかった後悔や謝罪を口にすると、自ら囮となってワニを引き付け始める。 探索中にはワニに重傷を負わされていたヘイリーだが、父の行動に応えるべく、補助管の中を泳ぎ切って外へ。再び窓から家に入り、地下室からデイブを救出するのだった。 何とか地下室での溺死を免れた2人とシュガー。しかし、ボートで避難を開始したところで堤防の決壊による濁流に見舞われ、大量のワニと共に家の中に押し戻されてしまう。 ヘイリーはワニによる“デスロール“の被害に遭い、デイブは腕を食いちぎられてしまうなどの災難もあったが、 その後、協力して屋上に到達した2人はそこで発煙筒を使用。遠くに居た救助ヘリがそれに気づき、こちらに向かってくるのだった。. という内容の本作、これが想像以上に面白い。 話の筋こそシンプルだが、他のワニ映画では絶対に死なないようなキャラクターが驚くタイミングで死んだり、逆に絶対に死ぬようなキャラクターが意外な活躍を見せたりするため、低予算映画と侮るなかれ、予想外のスリルが視聴者に襲いかかる。 純粋なワニというより怪獣に近いデザインのディノクロコの活躍も十分で、個人的にはイチオシのワニ映画である。 ちなみに、ロジャー・コーマンの名前ばかり目立ちがちだが、監督のケヴィン・オニール(『シャークトパス VS プテラクーダ』年ほか監督)もまた、何気に面白いB級モンスター・パニックを長年製作してきたベテランだ。.

面白かった!大満足な内容です!! 特に普段からB級アニマル・パニック映画を観て、説明不足な物語、役者の棒読み演技、雑なCGとその粗を隠すように全く姿を見せない動物の不完全燃焼感にズブズブになっているような人は、 「これが観たかったんだ!!」と多幸感で胸がいっぱいになるような出来だったのではないでしょうか?w クロール 映画 本数こそ少ないんですけど『ジュラシック・クロコダイル 怒りのデス・アイランド』などのワニ映画を鑑賞してきている僕としては. ヘイリーは父親の住むマンションに到着。しかしそこはもぬけの殻で、いたのはシュガーと呼ばれる犬だけでした。 父親がいないことをベスに伝えたヘイリーは、父親の居場所についてかつて両親と暮らしていた実家ではないかと思いつきます。 ヘイリーは実家にいこうとしたものの、ベスはハリケーンのこともあってそれを否定。通りの水位も上がっていて危険な状態でしたが、ヘイリーは言うことを聞かずシュガーを連れて行きます。 実家にたどり着くとデイブの車が車庫に残っていました。ヘイリーは家のなかに入ったものの誰も見つかりません。そこでデイブの携帯に電話をかけてみると、台所で携帯だけど発見。 それからシュガーの鳴き声を聞いたヘイリーは地下に行き、足をひどく怪我したデイブを見つけました。ヘイリーはデイブを地下あら引き上げようとします。 しかしワニが現れて襲撃されました。ヘイリーとデイブはワニに見つからないよう身を隠します。. 巨大ワニの恐怖を描いた『クロール -凶暴領域-』。最大の特徴は「住居に閉じ込められ逃げられない」という部分です。 本作の大半は、家族の思い出が詰まった家、特に地下室で展開され、重傷を負った父親と、巨大ワニの巣になった地下室から、どうやって逃げるのか?が主軸となっています。 絶望的な状況ながらも、途中で何度も助かるチャンスは訪れるのですが、その度に、巨大ワニがチャンスを潰すという展開は、本作の製作を務めたサム・ライミが、同じく製作で携わった映画『ドント・ブリーズ』を彷彿とさせます。 『ドント・ブリーズ』は、盲目で殺人鬼の、元軍人の老人が住む屋敷から、どうやって逃げるか?という展開でしたが、『クロール 凶暴領域』は更に狭い地下室で、常に2匹の巨大ワニが徘徊しており、脱出不可能さのレベルは上がっている作りになっています。 ただ、絶望的な状況ながらも「トランシーバー」「発煙筒」「拳銃」など、助かる為の小道具が存在し、ライフラインとも呼べる、これら小道具の使い方が上手く「何で、そんな物がそこに?」という展開はありません。 かなり丁寧に作られており、また、この作品は親子の絆を描いた映画でもあります。 両親の離婚に責任を感じているヘイリーと、ヘイリーと顔を合わせづらくて距離を置いているデイブ。 お互いに悪態をつきながらも、協力する関係性は、非常に面白いです。 特にヘイリーがボートに乗り込む場面では、猛スピードで接近してくるワニを振り切らせる為に、デイブがヘイリーを勇気づけ、その期待にヘイリーが応えるという、親子のコンビプレーを描いた素晴らしいシークエンスとなっています。 デイブとヘイリーにとって、家族の思い出の詰まった住居で、巨大ワニが産卵し、巣になってしまった辺り、皮肉的な展開ではありますが、そこはご愛嬌です。. が、それでも確かなクオリティーを誇っている。さらには、ワニ騒動に便乗した愉快犯がドサクサに紛れて出てきたり、命をないがしろにしてきた人間が結局は巡り巡って報いを受けたりと、人間の可笑しさや汚さにも焦点が当たっているのが特徴だ。 惜しむらくは、本作のソフトには年現在それなりにプレミアが付いていて、少し鑑賞するのが難しいかもしれない。余談だが、本作の続編である『アリゲーター2』(1990年)も前作より出来は落ちるが、それでも魅力的な娯楽作である。. ?. ここで少し系統を変えて、イロモノ路線から別のワニ映画をピックアップしていこう。タイから来た謎のワニ映画、それが『アリゲーター/愛と復讐のワニ人間』(年)である。 タイトル通り本作には、魔術によって人間に変身する邪悪なワニが登場するのだが、決してそれだけでは終わらない。なんと本作のワニ、怪しい力で雷鳴を轟かせたり、地震を起こしたり、やけに多彩なスーパーパワーを見せてくるのだ。 ところで本作のストーリーは、「悪い魔術を操るワニを、村で一番の英雄が倒して、綺麗な嫁を何人も手に入れる」.

クロール 映画

email: sypalo@gmail.com - phone:(791) 175-8919 x 4221

天才 バカボン 家族 - イカレポンチ

-> For paul
-> アトリエ ゲーム

クロール 映画 -


Sitemap 1

蛍雪 次朗 -